×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

歯グッズ大好き!デンタルグッズや楽しくって可愛い歯の雑貨を通販でお買い物♪

フッ素と虫歯予防

フッ素は私たちの身近に自然にある元素(げんそ)のひとつでむし歯予防に効果があり、多くの食品に含まれています。(いわし・えび・貝・海藻類・牛肉・ 塩・お茶・りんご・みかんなどに含まれています。)
歯ブラシフッ素の働き
フッ素には大きく3つの働きがあります。この働きによってむし歯予防ができるのです。

1.歯の再石灰化を促進する!
歯が溶かされ始めた部分を修復し、初期虫歯を正常に戻してくれます。

フッ素

プラークの中でつくり出される酸によってカルシウムやリンなどのミネラルが溶け出します。これを脱灰といいます。 脱灰が進むと虫歯になります。
↓↓↓
ごく初期の脱灰部分には、唾液中のカルシウムイオンやリン酸イオンが再び歯にもどって修復されます。
これを再石灰化といいます。

2.歯の質を強くする!
フッ素は歯の表面を硬くします。
虫歯菌の酸に溶かされにくい強い歯にする効果があります。

3.虫歯菌の働きを弱める!
虫歯菌の働きをじゃまして、歯を溶かす酸を出しにくくする効果があります。

フッ素の働き

歯ブラシ虫歯予防のためのフッ素の利用方法
1.歯医者さんで歯にフッ素をぬる 3~6ヶ月に一度、直接歯に ぬります。
2.フッ素入りハミガキ剤を使う  毎日の歯みがきに使います。
3.フッ素洗口液を使う 歯みがき後、フッ素洗口液でブクブクうがいします。

キシリトールと虫歯予防

キシリトールとは、多くの果実や野菜の中に天然で含まれる自然の甘味料です。私たちがガムやタブレットで口にするキシリトールは、白樺などの木からとれる「キシランヘミセルロース」を原料に作られています。キシリトールが虫歯を防ぐ理由は、大きく2つに分けることができます。

歯ブラシ キシリトールが虫歯を防ぐ理由
1.虫歯の原因にならない
キシリトールは口の中で「酸」を全く作りません。さらに酸の中和を促進する働きも持っています。唾液も出やすくするなど、口の中を虫歯になりにくい状態に保ってくれます。

2、虫歯の発生、進行を防ぐ
虫歯の原因となるプラークをつきにくくし、歯の再石灰化を促進します。
さらに虫歯の大きな原因とされる原因菌(ミュータンス菌)の活動を
弱める働きを持っています。

歯ブラシ キシリトールの使用法
キシリトールは、毎食後と寝る前に摂ると効果的です。食べ続けると、2週間で歯垢が減り始め、3ヶ月ほどで虫歯になりにくくなると言われています。虫歯予防のためには、まずは毎日続けて摂ることが大切です。

歯ブラシ キシリトールで注意すること
キシリトールだけで虫歯は防げません!
 歯みがきやフッ素洗口などの毎日のケアにプラスすることで効果を発揮します。
キシリトールの取りすぎに注意!
 個人差はありますが、キシリトールは摂りすぎると、おなかをこわすことが
 あるので気をつけましょう!
キシリトール100%のものが効果的です!
 市販品は100%でないものが多いです!表示をよく見てみましょう。

監修 横浜市青葉区 クロダ矯正歯科

↑ PAGE TOP