歯グッズ大好き!デンタルグッズや楽しくって可愛い歯の雑貨を通販でお買い物♪

虫歯とは?虫歯の原因

虫歯の原因となるのは、「ミュータンス菌」という細菌です。ミュータンス菌は、砂糖が口の中に入ってくると、活発に働いて、歯垢(プラーク)を作ります。そして、歯垢の中で「酸」をつくります。虫歯は、この酸によって歯が溶かされる病気です。下記の4つの要因がすべて揃ったとき虫歯が発生します。
カイスの輪

歯質歯質 それぞれの人が持つ歯の質や歯並び
ミュータンス菌ばい菌 虫歯の原因となるミュータンス菌
糖分 糖分 ミュータンス菌は、糖質から歯を溶かす酸をつくります。
時間 時間 歯とむし歯菌と食べ物(砂糖)が 一緒になって時間が経過すると虫歯になります。

だから、むし歯を防ぐには、歯磨きをしてお口の中をきれいにする、食生活をきちんと整える、甘いものを控えるなど、この4つを揃えないようにすることが大切です。

虫歯の進行 虫歯の進み方

むし歯になってしまったら自然には治りません。放っておけば、ますます進行して、最後には歯根だけになってしまいます。むし歯は進行度合いによってC1、C2、C3、C4 に分類されています。虫歯が小さいうちに治療をすれば、それだけ歯を長持ちさせることができます。
毎日の正しい歯磨きをし、歯科医院の定期検診などすることが大切です。

虫歯の進行C1 C1
歯の表面やみぞが黒く変色し穴があき、エナメル質にむし歯が 発生した状態。
痛みは感じない.
虫歯の進行C2 C2
むし歯が象牙質の中まで広がった状態 。冷たいもの、 熱いものがしみる
虫歯の進行C3 C3
むし歯が歯の中にある歯髄(歯の神経)まですすんだ状態 。
激しい痛みがある 。
虫歯の進行C4 C4
歯冠部(歯の見える部分)が ほとんどなくなり、歯の根だけ 残った状態 歯ずいが死に、痛みはなくなる。残った歯の根の先にウミがたまることがある

子供の虫歯

子供の虫歯乳歯は、永久歯に比べてやわらかく、虫歯になりやすいものです。また、乳歯も永久歯も生えてきたばかりの歯は、むし歯になりやすく、進行もとても早いので、子どものむし歯には注意が必要です。  特に食生活や歯みがきなど、小さな子どものむし歯は、保護者の管理が大変重要です。 正しい知識をもって最適なケアを行ない、 子どもの虫歯を作らないようにしましょう。

歯ブラシ 哺乳瓶虫歯(ボトルカリエス)
歯が生えてからほ乳瓶などでミルクや砂糖の入った飲み物を飲み続けたことで 生えたばかりの前歯にできた虫歯のことを哺乳瓶虫歯(ボトルカリエス)と言います。
特に、寝る前のミルクなど、水やお茶以外の飲み物を飲む習慣が残っていると哺乳瓶虫歯になる可能性が大きくなるので注意しましょう。歯が生えてきたらできるだけほ乳びんからコップへ、寝る前のミルクも早めにお茶や白湯等にしていきましょう。

歯ブラシ 砂糖の入った飲み物
果汁飲料、乳酸飲料、スポーツ飲料など、お子さんに過剰に飲ませていませんか?
これらには驚くほど砂糖や果糖が含まれており、 乳幼児期に過剰に摂取すると虫歯だけでなく将来の偏食や肥満にまでつながると言われています。できれば水やお茶などで水分補給するように心がけたいものです。

監修 横浜市青葉区 クロダ矯正歯科

↑ PAGE TOP